HOME > TOPICS > 関空・伊丹一体で合理化 !

関空・伊丹一体で合理化 !

関西・伊丹の両空港が1日統合されました。

運営が4月に設立された新関空会社に引き継がれ、2014年度にも両空港の事業運営権を民間に売却し、
関空が抱える1兆円超の負債の一掃を目指します。

新会社社長に抜てきされた、元三井住友銀行副頭取の安藤圭一さん(60)は、

 「運営権の売却に向け、両空港の価値を高めることが、最大の責務。アジアでの都市間競争は激しいが、関空が
  アジアの玄関口の役割を果たすべきだ。両空港を行き来する人や物を増やせば、関西、日本に活力が生まれるはず。」

 「関空は3500メートル、4000メートルの2本の滑走路をそろえ24時間運用が可能、伊丹は利便性の高い都市型空港
  というように、強みを持っている。これまで、異なる主体で運営されていたため、合理化の余地がある。それぞれの特性に
  応じて有効活用し、関西圏の航空輸送需要を拡大させたい。」

と関西の空港の可能性を述べました。

?

関西、伊丹両空港の事業運営権売却の成否は、いかに利便性を高め、利用者を増やすかがカギとなりますが、
統合をきっかけに、両空港では早速、試行錯誤が始まっているようです。

まず関空では1日、駐車場料金が値下げされました。

  • 24時間料金 4000円 → 2500円
  • ~6日目料金 2000円 → 1500円/24h
  • 7日目~料金 2000円 → 1000円/24h

関空と伊丹の間を飛行機の乗り継ぎで移動する乗客に対しては、バスの無料化も検討中だそうです。
空港間の行き来を便利にし、地方からの旅行客を取り込む狙いもあるとか。

?

新しい業種から人材を迎え、ノウハウを活かした新サービスの提供が始まりました。

負債の一掃はもちろん、これを機に、世界に誇れる新しい空港を目指して欲しいものです。

2012年7月4日

Filed under: TOPICS — main @ 10:15 AM